乗り換えをする前に

相談

違約金がないか確認する

インターネットを楽しむには、光やADSLといった回線契約と別にプロバイダ契約を結ぶ必要があります。これはインターネットを接続するために必須となっているので避けられないことであり、通常は回線と別のプロバイダ会社を使用することになります。プロバイダによって接続のしやすさや夜間の帯域制限などが違うので、口コミや評判などで選択するのが一般的です。長期的に利用することもできますが、日進月歩のネット社会ではすぐに条件の良いものや料金が安いものなどが変わってくるため、乗り換えなどを検討することも大切です。これまで利用していたプロバイダから別の会社に契約する、または回線変更とともに利用できなくなるので別の会社にするといった場合、中途解約をしなければいけなくなります。解約時には違約金がかかることもあるので、ふとした思いつきで実行せずに注意しておきたいところです。解約による違約金が発生するのは月額料金が割引される長期契約や、新規加入のキャッシュバックを受けた場合となります。初期費用をプロバイダまたは回線会社が負担していることがあり、契約時に規定の年数を使用することが決められているので、中途解約をすると違約金が発生するという仕組みになります。回線の契約は長期契約でもプロバイダは特に決められていないのであれば、回線のみを変更することで問題なく使用することはできます。ただし、プロバイダが対応しているかなども重要になってくるので、変更前には確認しておく必要があります。